厚生労働省「平成29年度職務分析・職務評価普及事業」
このページを印刷する

 厚生労働省では、パートタイム労働者の待遇が働きや貢献に見合ったものとなるよう、「職務分析・職務評価」のコンサルティング事業を行っています。
 企業の競争環境が厳しくなる中、企業の成長の鍵となるのは、優秀な人材の獲得・活用です。特に、中堅・中小企業においては、とりわけ大きな課題となっており、雇用する人材も多様化する中、その1つの手段として、パートタイム労働者の活用が、益々重要となってきています。パートタイム労働者の活用を進め、企業の成長に繋げていくためには、パートタイム労働者の納得度を高め、公正な待遇を実現し、能力発揮を促す仕組みを整備することが必要です。 申込みはこちらから

職務分析・職務評価とは

 職務分析・職務評価は、パートタイム労働者の担う職務内容を正確に把握し、パートタイム労働者と正社員の間の均等・均衡待遇の状況を確認することや、パートタイム労働者の人事制度を見直す上で、有効なツールです。

職務評価を実施することによるメリット

  • パートタイム労働者活用上の課題

    正社員とパートタイム労働者の待遇の違いについて、納得感を高めたい

    パートタイム労働者の将来的なキャリアをイメージさせ、モチベーションの維持・向上を図りたい

    計画的にパートタイム労働者を育て、活躍できる環境を整えたい

  • 実施によって可能となること

    正社員とパートタイム労働者の処遇の違いを職務の違いとして説明できる

    期待する職務を説明することで、今後のキャリアが明らかになり、モチベーションの維持・向上につながる

    担う職務が明らかになることで、必要な知識・スキルが分かり、適切な育成機会を付与できる

 この職務分析・職務評価の手法を用いて、パートタイム労働者と正社員の均等・均衡待遇の状況把握やパートタイム労働者の人事制度の見直しを検討する企業を支援する外部専門家( 職務評価コンサルタント) を無料で派遣します。お気軽にお申込みください。

職務評価コンサルタントによる支援内容

  • パートタイム労働者の職務(仕事)の棚卸し
  • 均等・均衡待遇の状況チェック
  • 職務評価の実施
  • パートタイム労働者の活用方針の作成

募集期間

2017年6月1日(木)~8月31日(木)
申込みはこちらから

「職務分析・職務評価」の内容を聞いてから自社で導入するか検討したいという方は、セミナーも開催していますので、ご参加ください。

参 考

職務分析・職務評価について(厚生労働省HP)
https://part-tanjikan.mhlw.go.jp/estimation/

事務局

PwCコンサルティング合同会社 職務分析・職務評価事務局(委託先)
E-mail:kanri@part-estimation.jp
TEL: 03-6869-2015 FAX: 03-6869-0876
PAGE TOP